教習所について

自動車やバイクの教習を教習所で受ける年齢

自動車やバイクの運転免許のテストを、最終的に行うのは、国の機関である警察が行っています。
しかし、免許を取得するための、教育のほとんどを実施しているのは、全国に点在している教習所です。
自動車の免許に関しては、誕生日を迎えて18歳を超えると取得できます。
そのため高校生であっても、3年生の4月になると、早い人では免許を取得することが可能なのです。
ところがこの18歳の誕生日というのは、教習を受けることに関しては異なります。
実は、教習所で受講することが出来るのは、18歳の誕生日の2か月前から可能なのです。
このことから、教習を受けるのは、高校2年生から開始するケースも存在します。
ただし、路上教習を受けるために必要となる仮免許の取得は、18歳を迎えてからになります。
したがって、高校2年生の後半から教習を受講して、高校3年生の前半で免許取得も可能です。
また、普通二輪の免許に関しては、16歳の誕生日から取得することが可能になります。
さらに大きな大型二輪に関しては、18歳の誕生日からの取得となります。

Copyright© 教習所 All Rights Reserved.